久我山病院の大部屋経験

f:id:weavingthestructure:20170712125328j:plain

こんにちは、永福町で子育て中のオノダです。

2017年4月に久我山病院で無事長男を出産しました!出産に伴い5泊6日の入院をしてきましたよ。諸々の事情で、っていうか金銭的理由で病室は大部屋にしました。

そこで、久我山病院での大部屋体験を綴っていきます。

 

久我山病院の大部屋事情

久我山病院の大部屋は、定員4名です。

最初から、カーテンはぴっちり閉められていて交流する空気ゼロです。個人的にはあっても良かったかな。

私は人生で初めての入院だったので比較できませんが、割と1人辺りのスペースは確保されていたと思います。

あと、産婦人科フロアには大きなラウンジがあって面会はそこでもできます。ただし、赤ちゃんを連れて行くことはできません。

 

新生児室、目の前の病室だった

私は、正直神経質!さらに産後のホルモンバランスが乱れた影響なのか音に敏感に。

そんな私は、大部屋に入院した際、新生児室の目の前になりました。母になったから赤ちゃんの泣き声なんて全然気に障らない…わけなくて、寝るときとか、あ、うるさいなと。

こんな感情抱くなんて母失格では…と悩みもしましたが、赤ちゃんと接することで母性が溢れてくるという書物を読んだので、仕方ないかなと思うように。睡眠取って体調整える方が先決なので、夜はしっかり耳栓してぐっすり眠りました。世間体など知らん!産後の疲労はなめたらいかん!

トイレ事情

部屋のすぐ近くに1つ、おトイレがあります。

各部屋の近くに。これは良かったです。お掃除もこまめにされていて、綺麗だしにおいもなかったですよ。

 

お風呂事情

お風呂は、午前9時か10時〜17時くらいまでの完全予約制です。一人当たり持ち時間は30分!入院中は、シャワーのみ使用可なので割と余裕です。

また、使用済みパジャマ・タオル(毎朝交換してくれる)入れがあるので便利です。シャンプー・リンスなどのアメニティも配布されますよ。確かツバキだったはず。

 

大部屋イヤだなぁと思ったこと

ベッドの空き次第では、婦人科手術の患者さんと相部屋になることも。私が実際そうでした。正直、気を遣いましたよ〜

 隣のベッドでは、主治医と翌日の手術について相談する声。そんな時に我が子の泣き声が響き渡る。どちらも悪くないのに、なんだかお互いバツが悪い雰囲気。

私は、今まで入院したことがなかったので、そんな気の遣いにストレスが溜まり、血圧上昇しまくりました!150近くまで行っちゃって、危うく退院も延びてしまうところでした。なので看護師さんに言って、空きが出次第、部屋を変えてもらいました。

 

出産後は、わがまま言いましょう!言って良し!産後の疲労はなめたらいかん!

 

実は、個室も経験しました

といっても、実は久我山病院の個室も経験しました。追加料金払わずに。

なぜなら、大部屋が全て満床だったから。

いやー快適でした!お風呂は自由に入れるし、テレビもテレビカードなしで見られるし。見舞い客との会話もヒソヒソしなくていいし!パンツ一丁でウロウロしてもいいし。オナラも自由!

ただ、2日目にして大部屋に空きが出たからすぐ移動しましたけどね。個室は良かったなぁー。

 

まとめ

久我山病院の大部屋は、一人当たり面積が割と確保されているので、窮屈だなぁということはありません。

ただし、金銭的な余裕があるのなら個室が断然オススメです!当たり前か!